楽天トラベル

潮干狩り−木更津海岸− Official HP


誰でも知っている潮干狩り。でも、体験したことがある人は意外に少ないのでは?実は私も本格的な潮干狩りは小学生の時だけ。ちょっとやってみたい(^^♪。しかも娘も興味ありそう。ということで、お出かけしてみました。

「潮干狩りはGW頃」と思っている人多いですよね?でも、実は3月下旬から8月初旬まで楽しめちゃいます(木更津海岸)。ただし、潮の関係で潮干狩りできない日もあるし、できる日でも時間は毎日変わります。オフィシャルHPで必ず確認してくださいね。

さて、母も含めて4人がほとんど初めてという潮干狩り。でも、2時間で5kg採れました。大人3人と子ども1人で7kgまで採れたのですが、疲れましたし、それに5kgってすごい量なんです。まぁ、ちょうど潮時ってことですね(^◇^;


ところで、素人的な潮干狩りの手ごたえですが、

@大きなアサリは沖にあります。
潮が引いたらどんどん沖に行きましょう。小さいアサリも当然重さに含まれるので、大きいアサリを選別して網に入れましょう。非常に個人的な感想ですが海藻周辺にアサリが多かったです。

A熊手で広く浅く掘って、ガリって手ごたえがあったら、それがアサリ。
一匹いると、周りにもいる確率が高かったですよ。

B潮干狩りは海の中がベスト。
海の中なら、貝を洗いながら採れます。ただし、夢中になっているとお尻が濡れていることも (゚〇゚;)

C初めからたくさん採るつもりなら、多めに入場券を買う方法も。
だって、超過2kgで1400円。それって、入場料より高いです。。。(^^ゞ


あらかじめ下調べして便利だったグッズ、持っていったらよかったなと思えるグッズを紹介します。
服装 濡れてもいい短パン、Tシャツ。できたら着替えも。シャワーがあるので、子どもだったら水着+着替え(暖かい時期だったらですよ)
サングラス 目の保護のために。晴れるとかなりまぶしいです
帽子 つばの広い麦わら帽がベスト。私たちは100円ショップで210円で購入(^◇^;
タオル 首周りに巻き首を保護しましょう。日光を浴びると疲れますよ。日焼け止めも忘れないでね
熊手 下で紹介していますが、プラスチックの3本指のタイプではなく、金属で5本指をおすすめ。理由は3本指だと砂が掘りにくく、しかも掘れても指の間が広すぎて、手ごたえがなく、あさりがあるのかわかりにくいからです
私たちは網は一個持っていましたが、残りの3人は100円ショップで買った洗濯ネットを使いました。
泥が落ちるように網目が広いものがおすすめ
クーラーボックス 行く時はジュースを冷やすため、帰りはアサリを入れるため。海水を入れて車に乗せても漏れないのがいいですね
保冷剤 行く時はジュースを冷やすため、帰りは水温上昇を防ぐため
キャリーカート クーラーボックスにあさり5kgと砂を吐かせるため、海水を入れると15kg以上くらいになっちゃいます。それをぶらさげて何百メートルも歩くのは地獄
サンダル 本格的に長靴を履いている人がいましたが、サンダルが便利でした。特にかかとが固定できるクロックスは海の中でも動きやすかったです
軍手 熊手で掘りながら貝を採ろうとすると、手を怪我するかも(私は切っちゃいました(>_<))

料金 大人 1,200円(2kgまで),小人600円(1kgまで)
その他料金 超過1kgにつき700円,竹網200円,熊手200円
施設 温水シャワー:3分100円更衣室,足洗い場:無料
休憩料 大人200円,小人100円
場所 千葉県木更津市中の島
TEL 0438-23-4545
周辺の潮干狩りの場所
江川海岸
久津間海岸
牛込海岸
金田海岸
宿泊レポ

宿泊予約はこちらから
スパレポ

宿泊予約はこちらから


ドラマ「木更津キャッツアイ」でお馴染みの中の島大橋
その下にある駐車場が一番近い駐車場。ただし、数十台しか置けません
大橋のたもとに潮干狩りの道具を売るお店やラーメンなどを食べることができるお店がありました(多分日曜日だったからかな)


かなり急なスローブです。でも、キャスター付きの荷物だとそのありがたさがわかります(^◇^;
中の島公園全景。遊具は滑り台一つだけ
100円ショップで買ってきた熊手。右のタイプははっきりしてダメ。手ごたえがないし、掘りづらい
大橋を渡ってしばらく歩くと潮干狩り場が見えてきます


プレハブですが充分な施設です。シャワーは3分100円
休憩所は大人200円、子ども100円。コインロッカーもあります
トイレ。でも潮干狩り中にここまで来るのは大変(^o^)
足洗い場。あさりを洗うならここ


道具も貸出しています
これがイベントの金銀あさり。一生懸命探したけどみつからなかったよ〜(^◇^)
ここで計量してオーバーした分は支払となります
自動販売機あり。他にお菓子を売っていました


この広い干潟のどこで採ってもいいのですが、大きなあさりは沖のほうにいます
泥を掘るより、海水の中で探した方があさりを洗えるので、個人的にはおすすめ
網を一人一人持っていると便利です。売っているものは網はだいたい2kgがわかる便利な網なので、それを買うのもありですよ


これで5kg。ほんとは7kg採っても良かったのですが、これでも食べきれません(笑)
ワタリガニみっけ♪
このまま多分干からびるミズクラゲ(-_-;)
SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO